土屋鞄のニッティングメッシュロングウォレット~皮革マスターの回顧録

「ウイスキーはやはりスコットランドが一番」
そういうお客様は多い。

確かに歴史を見ても、国内より海外の方がウイスキーの種類は多い。

しかし国産のウイスキーも世界に負けないだけの品質を
醸し出しているのは間違いない。

NHKの連続ドラマ「マッサン」でも知られる
竹鶴政孝氏のニッカウヰスキーもその1つである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
とある常連客がふと財布について尋ねてきた。

「ねえマスター、土屋鞄のニッティングメッシュロングウォレットが
次の財布の候補なんだけどどう思う?」

財布の具体的な名前を挙げて「どう思う?」と聞かれる事が最も多い、
今までの経験から言うと、このパターンはもう買う事を決めているが、
最後の一押しをして欲しい事がほとんどだ。

「すばらしい財布ですよ。土屋鞄なら品質も問題ありませんし、
国産の皮革製品の製造メーカーとしては信頼できます。
何を迷っているんですか?」

土屋鞄は日本の国産皮革メーカーの中でも高品質で有名だ。
皮革の歴史は海外の方が長いが、縫製など技術面では日本が上と言える。

「う~ん、迷っているわけではないんだけど、安心したいんだよね。
ニッティングメッシュロングウォレットのデメリットなんかは無いの?」

「デメリットですか?では考えられるデメリットを2つ伝えておきます。
ちなみに、高品質ですばらしい財布だと言う事は間違いないので、
それを前提に聞いてくださいね。」

「了解!」

「まず1つは、メッシュの財布は慎重に取り扱わないと、
引っ掛けて伸びてしまう可能性が0ではありません。
それを指で戻したとしても、多少の歪みは出るかもしれません。」

「次に2つ目、メッシュの財布と言えば、『ボッテガヴェネタ』が有名で、
一般的な認知度もボッテガヴェネタの方が上です。
そこで、ニッティングメッシュロングウォレットを見せた時に、
『ボッテガヴェネタの財布ですね!』と言われてしまう可能性があると言う事です。」

「まあ、これらがデメリットかどうか分かりませんが、
こんな所でしょうか」

「なるほどね、ボッテガヴェネタと間違えられる可能性はあるかもしれないね。」

「そうなんです、品質も作りも負けていないのに、
ボッテガヴェネタの廉価版みたいな位置付けみたいに思う人が多いんです。
これが有名ブランドの力なんですよ。」

「でもボッテガヴェネタは高すぎて手が出ませんよ。
やっぱり土屋鞄のニッティングメッシュロングウォレットがいいかな。」

「後一つ、金具がニッケルで作られているので、
ちょっと安っぽく見えてしまう事もありますね。
ファスナーウォレットのダークブラウンとボルドーブラウンなら
金具もゴールドなので高級感が出ますよ。」

「う~ん金具がニッケルは確かに安っぽく感じてしまうね。
ニッティングメッシュファスナーウォレットも候補にするか、
どうせ鞄に入れて持ち歩くんだし。」

「ファスナーウォレットでもOKなら、
ココマイスターもオススメですよ。
土屋鞄は一般的な牛革ですが、
ココマイスターは歴史のあるマットーネを使っています。
この二つで好みの方を選ぶと間違いないですよ。」

「ありがとう、細かい所まで教えてくれて感謝です。
この二つのどっちかにする事にしますよ。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海外の有名ブランドは値段が高いのが普通、
しかし国産の皮革メーカーも作りや品質は全く負けていませんし、
物によっては国産の方が上です。

皮革マスターのマイケル渡辺としては、
国産の財布を愛用してもらう方が嬉しいですけどね。

今回登場した財布

⇒⇒土屋鞄のニッティング・メッシュロングウォレット

⇒⇒ココマイスターマットーネオーバーザウォレット

⇒⇒ボッテガヴェネタ



第二話 意外な自分

第三話 私が悪いの

第四話 もう一度だけ

最終話 回り道の末

特別編 彼女からのプレゼント



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ