1. ホーム
  2. 長財布Q&A
  3. ≫長財布を買う時は合皮と本革どっち?

長財布を買う時は合皮と本革どっち?


長財布メンズを購入前にしっかりと基準を決めて欲しいのが、
合皮の長財布にするか本革の長財布にするかを決めておきましょう。
ざっくりと決めてはあると思いますが、重要なのは、
内装に合皮を使っているのか本革を使っているのかを
しっかりとチェックしておく事が大切です。

合皮と本革はそれぞれメリットデメリットがあるので
まずはこれについて紹介しておきます。

合皮のメリットとしては、
値段が安い事があります。
本革と比べてもかなり安い為、手軽に長財布を購入できます。
また、表面にコーティングがされているのでお手入れが
必要が無い事です。
水にも強く、サッと拭くだけで水分はなくなってしまいます。
後は軽いことですね。
ではデメリットですが、寿命が短い事があります。
合皮は表面は水に強いですが、蒸気や湿度にはあまり強くなく、
湿ってしまうと中からはがれたりするケースが多いです。
また、丈夫さから言えば、長持ちせず、何度も折り曲げたり
してしまうと、合皮がはがれてきてしまいます。

本革の長財布のメリットは、
第一は丈夫な事、それなりの皮革専門ブランドの長財布メンズであれば、
しっかりお手入れをすれば、数十年持つ長財布も珍しくはありません。
まさに一生物といえるでしょう。
デメリットとしては値段が高い事、
合皮に比べれば数倍以上の値段がします。
他にはお手入れをしないと長持ちしないや
乱雑に扱うとダメージが出てしまいます。

これらを考えると、それほど長財布メンズに拘りが無いのであれば、
合皮の安い長財布を1~2年ごとに取り替えるのが良いでしょう。
しかしこれを繰り返していると、どこかの時点で
良い長財布が欲しくなってきますので、その時に
改めて本革のメンズ長財布を選ぶのも良いと思います。

しかし一番注意して欲しいのが、
外側は本革、内装は合皮の長財布メンズです。
せっかく外側は良い本革を使っているのに、
内装の合皮がダメになってしまって、長く使えないと
いうケースが凄く多いです。

こうなってしまってはせっかくの本革も台無しになってしまうので、
本革の長財布メンズを買うなら、内装も本革を使った
長財布を選ばないと、失敗の原因になってしまいますので
注意してください。

最終的に合皮と本革はどっちが良いか?ですが、
私がオススメするのは、若いうちはいろんな形の合皮の財布を
使って、自分にはどんな形の長財布が適しているのかを知ることです。
そこで自分に合った形の長財布が決まったら、
本革の長財布メンズを買うのが納得のいく方法だと思います。

せっかく良い本革の長財布を買うのでしたら、
後悔しない長財布を選んでもらいたいからです。

第一話思わぬ出会い