長財布メンズランキング


maisutakimi

イギリスが誇るブライドルレザー使用
ブライドルグランドウォレット
5
価格30,000
メーカーココマイスター
送料
革の種類ブライドルレザー
ブライドルグランドウォレット

今流行のロングフォルムを総革で仕立てた長財布。表面は英国が誇る極上のブライドルレザーを使用し、内装には一切生地を使わず全てヌメ革で仕立てている極上のロングウォレットです。

手触り抜群の長財布
アレッジドウォレット
4.5
価格34,000
メーカーココマイスター
送料
革の種類ナポレオンカーフ
アレッジドウォレット

管理人が一番お気気に入っている長財布です、小銭入れが大きく開くので使い勝手が良いです。経年変化も早く手触りや香りが良くて大満足の長財布です

最高級コードバン
コードバン
長財布
4
価格43,000
メーカーココマイスター
送料
革の種類コードバン
コードバン<br>長財布

高級感のある財布の代名詞とも言えるコードバンを使った長財布。スーツの内ポケットから出す時の光沢とハリは一目で上質で本物とわかる知的な長財布です


maisutamasaru maisutakimi

>>職人が作った最高峰のメンズ長財布の一覧はこちら<<



長財布メンズを作る職人

メンズ長財布を選ぶ時に本当に質が良い長財布を選ぶならブランドに限らず、ホームページをしっかりチェックしましょう。サイトでは職人が作った長財布と紹介されていても、実際はパートさんが作っていたなんて事も少なくありません。一人職人がいて、その人が監督して職員が作っていても職人が作ったなんて事もあるんです。そこでチェックして欲しいのはホームページに職人がしっかり紹介されているかどうかを見てください。有名な比較メーカーでも職人は紹介されていない場合はちょっと怪しいですね。少しでも良い長財布メンズを買うならこう言った事も頭に入れておきましょう

メンズ長財布は人気が高いです

最近はメンズにも長財布が人気が高くなっています。一番の理由としては、本や雑誌などでお金持ちは長財布を使っているともてはやされているからです。お札を折らないのは大切な事のように言われています。他には見た目がかっこいい事も挙げられるでしょう。スーツの内ポケットからスーッと出す長財布は確かにかっこ良く見えますよね。機能面もメンズ長財布は優れていて、カード入れはもちろん小銭入れも大きめのが多いため使い勝手はいいと思います。しかしメンズ長財布にもデメリットもあります。それはやっぱり大きさですね。スーツの内ポケットに入れるなら小銭入れなしの長財布が必要になり、小銭入れが付いているメンズ長財布だとどうしても膨らんでしまい、逆にカッコ悪くもなってしまいがちです。またプライベートなどではズボンのおしりポケットに入れる方も多いと思いますが、長財布だと思わぬ時に落としてしまいがちです。ウォレットチェーンなどが繋げることができる長財布であればある程度は安心ですが、ウォレットチェーンが似合わないファッションの場合もありますからね。本当の理想を言えば長財布と二つ折り財布を使い分けるのがいいんですけどね。同じ革素材でビジネス用とプライベート用の財布を分けて使えればホントにいいですね。でもある程度の値段の財布を買うならなかなか2つの財布は買えないと思いますので、どちらがいいのか悩みますよね。そんな時は100円ショップに売っているメンズの長財布と二つ折り財布をとりあえず買ってみて、使い心地を試してから、本命のメンズ財布を購入すると後から「長財布のほうが良かった・・・」「二つ折り財布の方が良かった・・・」などと後悔することはないでしょう。ちなみに私は長財布派で、おしりのポケットに入れていますがほとんど落とすことはありません。しかし最近は型崩れが気になるのでバッグに入れるようにはしていますが、長年長財布を使っていると長財布が身についていないと落ち着かないのはたしかにあります。どちらにしろ後悔しない財布選びが出来る事を願います。

職人が作る長財布メンズ

日本の職人は技術が世界一と言われますココマイスターの職人も技術は高いですが、他にもGANZO、大峡製鞄、キプリス、ソメスサドル、万双、ワイルドスワンズ、HERZ、ブルックリン等たくさんあります。どのメーカーも技術はしっかりしているので、後は個人的な好き嫌いになってきますね。中でも長財布メンズは技術的にも職人の腕の見せ所でデザインはもちろん、皮革の持つ特性を最大限に活かした作りをするのが一生の目標でもあると言われます。つまり今現在私達が手にする長財布メンズはまだまだ発展途上といえるでしょうしかしこれはいつまでたっても完成形はないのかもしれませんね。本当に心から満足出来るメンズ長財布はまだまだ先のような気がしますが今は今で満足しています。そうは言っても世界に誇る職人が作っているのですから
一切の妥協は無いのは当たり前ですね。自分にあったメンズ長財布を手にする事を願っています。職人が作った長財布を持つと自分に自信が出てくるのも不思議な現象でやっぱりこだわりを持って作られた物を身につけるとこういったいいことも出てきますね。

メンズ長財布なら日本製

最高の素材には最高の技術をもって挑む、これが日本の技術を文化として伝える事に欠かせないものと言えます。国内のマーケットは海外製や合皮などに押され、縮小傾向にあり、職人の数も減少しているのが現状です。今は低コスト化が進んでおり、職人も思うように上質な革を縫製する機会が少なくなっています。上質な革と熟練の職人、この2つが組み合わさって初めて本物の長財布メンズが作られると考えています。高品質を守り続ける事をミッションとしていますが、この精神を一生変えない、これが世界に誇る職人のマインドと言えるでしょう。