1. ホーム
  2. 長財布Q&A
  3. ≫長財布と二つ折り財布はどっちがオススメ?

長財布と二つ折り財布はどっちがオススメ?


長財布を使っていた方はまた財布を買い換える時は長財布、
二つ折り財布を使っていた方は二つ折り財布を買う方が多いですね。
当然使い慣れた形の物が良いのは分かりますので、それぞれのメリットと
デメリットはよくご存知ですね。

では、財布を買い換える時に今まで長財布又は二つ折り財布を使っていた方が
違う財布も視野に入れた場合、それぞれのメリット・デメリットを
知っていないと後悔することにもなりかねません。

では、今まで長財布を使っていた方が二つ折り財布に変えた時のメリットとしては、
スーツやズボンのポケットに入るので、バッグ等を持つ必要がないが一番のメリットですね。
二つ折り財布を愛用している人がほとんどがこれが理由と言えるでしょう。
ではデメリットとなると、やはり収納が少ないですね。
お札はそれなりに入りますが、カードや小銭はあまり入らず、
また入れすぎるとパンパンになってしまい、
おしりのポケットに入れていた場合はお尻も痛くなりますし、
見た目もかっこ悪いです、型崩れの原因にもなってしまいます。
こういった理由から、二つ折り財布を使っている人は別に小銭入れを
用意したり、マネークリップを使ったりしているので、
二つ折り財布が1つだけでは足りなくなるケースが多いんですね。
二つ折り財布と小銭入れを別々にすると、どっちかを忘れたりする事があるんですね。
二つ折り財布1つだけで済ますには、定期的に小銭を整理する必要があります。

では今まで二つ折り財布から長財布に買い換えた時のメリットは、
やはり『たくさん入る』ですね。
ほとんどがお札は100枚位入りますし、
カードの収納も10枚以上、小銭もたっぷり入りますし、
領収書やレシートも入れて置けるので、便利です。

他には長財布の場合、センスの良い長財布を使っていると、
他人からカッコいい財布と思われやすいのも見逃せませんね。

逆にデメリットとしては、スーツの内ポケットにはまず入りません。
入ったとしても膨れ上がってしまいます。
またズボンのおしりポケットに入れると型崩れを起こしてしまいやすいんです。
そういった事から、長財布を愛用している人はバッグやセカンドバッグを
常に持ち歩いてる人が多いです。

もちろんお尻のポケットに入れても、座る時に注意すれば、
それほど型崩れはなくなります。

結論的にどっちが良いのかは、やっぱりライフスタイルなどにも
よってきますので、どちらが良いとは一概に言えませんが、
私のオススメは長財布ですね。
当然自分でもココマイスターさんのナポレオンカーフ・アレッジドウォレットを
愛用していますが、ハッキリ言ってベタ惚れです。
コンビニなどでもついつい見えるようにしてしまっています。
ちなみに私はバッグを持たずにおしりのポケットに入れていますが、
未だに型崩れはありません。

長財布を選ぶにしろ、二つ折り財布を選ぶにしろ、
品質がいい皮革を使った手作りの財布を買うのが絶対にオススメです。
なんと言っても『味』があり、何度見てもハッピーな気分になりますよ。


マットーネ・ラージウオレット

イタリアの伝統的な製法で作られた皮革を使用。シンプルなデザインだが素材の良さを引き立てています。マットーネは経年変化が楽しめて、時が経つにつれて自分色に染まっていく長財布。高級感のある総革仕様はまさに大人の長財布と言えるでしょう。
マットーネ・ラージウオレットの詳細はこちら


ブライドル・グランドウォレット

表面は英国が誇る極上のブライドルレザーを仕様。 1000年の歴史をもつブライドルレザーは本物の皮革製品を持つなら欠かせないレザーの1つ。必要な物は全て収納できるほどの大容量、それでありながらスタイリッシュなフォルムが人気の理由。会計時に存在感を魅せつけることが出来る長財布です。
ブライドル・グランドウォレットの詳細はこちら


ナポレオンカーフ・アレッジドウォレット

最高級のイタリア産オイルドヌバックを使った、希少なレザー。熟練の職人が作り上げる質の高さは逸品。当サイトでの人気は3位だが管理人が一番おススメする長財布がこれ。私も愛用しているが、心から満足している長財布で特に30代のメンズには使ってもらいたい長財布です。
ナポレオンカーフ・アレッジドウォレットの詳細はこちら

管理人の使っている感想はこちら


アルバートカーフマーシャルウォレット

イタリア産の中でも最高級と称されるボックスカーフを使った名品、本物志向のメンズの格を演出するスタイリッシュなフォルムはまさに紳士の為の長財布と言えます。アルバートカーフマーシャルウォレットは特に40代~50代のメンズに人気が高い長財布になっています
アルバートカーフマーシャルウォレットの詳細はこちら

第一話思わぬ出会い