1. ホーム
  2. 長財布ブランド一覧
  3. ≫ミラショーン

ミラショーン


ミラショーン

ミラ・ショーンはイタリアのファッションで
最も尊重された名前のうちのひとつで、
その高度なスタイルと正確な仕立職は有名である。
当時オーストリア=ハンガリー帝国領だった
ダルマチア地方の古都トラウ(現トロギル)出身。
両親は裕福なクロアチア出身の貴族であったが、
第一次世界大戦後にオーストリア=ハンガリー帝国が崩壊し、
ユーゴスラビア王国が樹立したのをきっかけに、
家族でイタリア領になったトリエステに移住した。
そして18歳で兄と共にジェノヴァに転居した。生年月日は非公表、
1916年生まれと1918年生まれの文献がある。
最初、ショーンはバレンシアガとクリスチャン・ディオールの顧客であったが、
彼らの服を着用するうちにファッションに対しての愛情と興味を持ちはじめた。
その後、裕福なミラノの貴金属商だった夫の
宝石ビジネスの失敗で離婚をしたことで
、一度も職を持った経験は無かったが自立をしなければならなくなったのと、
また本人も金銭的にパリのオートクチュールの洋服を
買えない経済状態になったので、
それならば自分で同じような服を作ればよいという結論に達し、
洋裁店を立ち上げファッション業界に身を投じることになった。
ということで最初の頃はパリのオートクチュールのデザインを模倣しつつも、
それと同等の品質の洋服を、より安い価格で提供することに
重点が置かれていた。


ミラショーンはどちらかと言えばバッグなどが有名ですね。
特に女性物には強い印象があります。
特に皮革専門のブランドではありませんが、
洋服から小物までトータル的にプロデュースしています。
長財布メンズはカーフレザーを使った物が多く、
日本の職人によって作られた長財布はエレガントな仕上がりで、
カーフ特有の柔らかくしなやかな手触りが特徴です。

第一話思わぬ出会い