1. ホーム
  2. 長財布ブランド一覧
  3. ≫アクアスキュータム

アクアスキュータム


アクアスキュータム

アクアスキュータム(Aquascutum)は、
イギリスロンドンの中心地リージェント通りに旗艦店を構える高級被服老舗ブランド。
ロンドン万国博覧会のあった1851年に、仕立て人ジョン・エマリーが創業。
1990年に日本企業のレナウンが買収。
2009年レナウンは全株式を英国Broadwick Group Limitedに譲渡(ライセンス製造は継続)。
ブランド名の由来はラテン語で「水」を表すaquaと「楯」を表す
scutumの2語を組み合わせた造語で「防水」を意味する。
クリミア戦争時にイギリス軍が将校用のコートにこの防水布で作った
コートを採用したことから知名度が飛躍的に上がった。
続いて19世紀にはエドワード7世により家庭向け・ファッション向けにも広められた。
エドワード7世はプリンス・オブ・ウェールズ・チェックのコートを注文し、
アクアスキュータム初の王族の顧客となった。
1897年にアクアスキュータムは王室御用達となる。
1900年には婦人服部門を設立し、撥水性のケープやコートを売り出した。
これは婦人参政権論者の間で広く使われるようになった。
製品はネクタイやスーツ、シャツ、コート、鞄、革靴などの服飾品である。
紳士服が多いが、婦人服も取り扱っている。
またライセンス品では財布、毛布、食器などもある。
特に製品ではトレンチコートが有名で、世界で初めて防水ウールの開発に成功した。
防水加工を施した生地を使用したコートを次々に生み出すと同時に、
第一次世界大戦で兵士に提供した防水コートは、
その抜群の防水性と保湿性が塹壕(トレンチ)で戦う兵士を守ったことが、
現在のトレンチコートの原型となった。
ピーター・セラーズや、ハンフリー・ボガートが着用。
変わったところでは1980年代に自動車の内装部品を製作したこともあり、
ロータス・エスプリやロータス・エクセル、
三菱・デボネアVにアクアスキュータム仕様がラインナップされていた。


イギリスの高級で老舗のブランドですね。
名前はとても有名ですが、イギリスと日本だけみたいですね。
よく比較されるバーバリーは成長を遂げていますが、
どうしてアクアスキュータムは破綻してしまったんでしょうね。
スーツは10万以上、20万前後がざらにあるブランドです。
しかし長財布は1万前後で手軽な為、送り物によく使われていました。
今後の去就が注目されています。

第一話思わぬ出会い