1. ホーム
  2. 長財布いろいろ話
  3. ≫財布への思い

財布への思い


一人の人が一生にどれだけのお財布を持つのでしょうか、ふと考えてしまいます。

中身はないのに、お財布だけはたくさんあるのです。
どうしてか、と、思いだしてみると、別に誕生日とかのプレゼントでもらったのではないのです。
しかし、かわいい子供の財布から、大人のオーダーの財布まで色とりどりにあります。
これは、ひとえに福袋のお陰なのです。
そして、特価品のギフトセットです。
わざわざ選んで購入したのではないけれど、結果的に私のところにきて、季節折々に活躍しています。
こちろん、ブランド物でもなく、気軽に使えるがま口や、二つ折りの財布です。
色々なお財布を持っていると、気分だけは豊かになります。
こうなったら、中身ではなく、デザインとスタイルで、ファッションの一部です。
財布が大事な小物をいれる物入れになることもあります。
普通にお財布として使うには、オーダー物は、カード入れが少なくて不便です。
ただ、世界で1つしかないという優越感にはひたることができます。

財布と一言、申しましても、、こんな多種多様な、デザイン、サイズ、カラー、個性の出るものはございません。
夫との旅行で買った、二つ折りの財布、、机の引き出しにしまいこんでおりまする。夫はというと、同じ旅行で、
知らないで買ってしまった、女性用の黒の長財布、擦れに、擦れまくって、ぼろぼろ。
あんまりひどいから、新しいクロコダイルの財布を使っているけど、やっぱり、黒の長財布に、未練があるようだ。
気まぐれな夫にしては、一つの財布を、忠実に、ボロボロになるまでつかって、気得な人だ。
私はというと、ボロボロになってないのに、リサイクルショップでであった、ベージュの長財布に一目ぼれ。
なので夫と一緒に買った財布は机の中で、冬眠中(?)女は移り気、、気まぐれ女王、、
なーんて!!だってねえ、たかが財布、されど、財布。ありとあらゆる財布があれど、
やっぱ使いやすさが財布の命!!いろんな財布があるけれど、数ある財布の中から選ばれし財布よ。
君の使命は、通帳も、クーポン券も、振り込み用紙も、何もかも、しっかり入れて守っておくれ。
落としたら、、大変、、、

第一話思わぬ出会い