1. ホーム
  2. 長財布いろいろ話
  3. ≫財布はやっぱり妻からもうのがいいです

財布はやっぱり妻からもうのがいいです


私が結婚する少し前に、妻からプレゼントされた財布を10年以上使いました。
ルイ・ヴィトンのタイガ、濃い茶色の二つ折り仕様でした。
とても丈夫な財布でした。
もちろんそれなりの使用感は出ましたが、
毎日ズボンのお尻のポケットに入れていても破れることはありませんでした。
私の手にも良くなじみ、とにかく頑丈でとても気に入っていました。

このたび晴れて結婚10周年を迎え、妻が新しい財布をプレゼントしてくれました。
ボッテガ・ヴェネタの財布でした。
ヴィトンの財布とはうって変わって濃いブルーの長財布、そして革はとても繊細な感じがします。
私のような不精な人間には、少し扱いにくいかなというのが第一印象でした。
ですが折角もらって使わないわけにもいきません。
とりあえず、長財布ですし小傷が目立ちそうな生地なので、
お尻のポケットにいれるのを止めることにしました。
街で感じのよい男性向けの小さなショルダーバッグ(ポーター)を見つけたので早速購入し、
それに入れて使うことにしました。
慣れるまでは少し時間がかかりそうですが、
大人の財布といった印象でとても気に入っています。

自分で財布を選ぶのもいいのかもしれませんが、
昔からこういったセンスは全くないので、
やっぱり妻に選んでもらうのが無難だと思っています。

第一話思わぬ出会い