1. ホーム
  2. 財布用語集
  3. ≫笹マチ

笹マチ


笹マチ

長財布に関してのマチとはお札や小銭入れの部分に
余裕を持たせ中身が沢山入る様にしてある、言わば遊びの事です。
中でも笹マチは横から見た時にその形が
笹の葉に似ている事から笹マチといわれています。
形状としては底の方はマチが無く、上の部分だけマチが付いている物です。
ラウンドファスナータイプはこの笹マチが多く使われています。
長財布の形状にも寄りますが、笹マチの場合、
入るお札の目安は30枚程度です。
それ以上入れてしまうと、お札の底の部分が折れてしまう可能性があります。
小銭入れ部分は少し力を入れて開かないと見えにくいのがちょっと欠点ですね、
あとかぶせ蓋タイプの長財布の場合で笹マチだと、
かぶせ蓋部分が開き気味になるので、
机などに置いた時に見た目がかっこ悪くなってします。
ですのでかぶせ蓋の長財布には笹マチはあまり向いていないと言えて、
笹マチを選ぶならラウンドファスナーがオススメですね。

第一話思わぬ出会い