1. ホーム
  2. 財布用語集
  3. ≫がま口財布

がま口財布


がま口財布

金属製の口金を持つ財布をがま口財布といいます。
語源としてはガマガエルの様に大きく口が開くからです。
タイプとしては小銭入れから、通常の財布の形状、
長財布でかぶせがあるが中身ががま口になっているものなど様々。
名前や形状から日本発と思われがちだが明治時代にヨーロッパから
伝わった舶来品です。財布だけでなくカバンなどでも
今でも幅広い年代の女性に人気が高いです。
ブランドも国内はもちろん海外のハイブランドでも
がま口の財布やバッグが生産されています。
ちなみに8月8日は「がま口の日」として制定されています。


がま口コラム

私は田舎出身の為、あまりがま口財布を持っている人を見かけませんでした。
イメージ的にはおばあちゃんが持っているイメージで、
若い人はがま口の財布には興味は無いと思っていました。
しかし都市部に引っ越してから実は若い女性でがま口財布を
使っている人が非常に多いことに驚いた覚えがあります。
デパートや百貨店などを見てみると、財布のラインナップには
必ずがま口財布は展示されていますし、
まずデザインが若い人向けだったり、和の装飾をしていたりと、
様々なバリエーションがあるのにも驚きましたが、
さらにビックリしたのはコーチやシャネル、ルイビトンなどの
ブランドもがま口財布を作っているのには驚きました
まさにカルチャーショック!
改めて自分の視野の浅さを知る事になったのがこのがま口財布でした。

第一話思わぬ出会い