1. ホーム
  2. コードバン
  3. ≫シェルコードバンの長財布

シェルコードバンの長財布


シェルコードバンと言えば北米ホーウェン社によってなめされたコードバンで
ホーウィン社はアメリカ・イリノイ州シカゴに本拠地を構えるタンナーで、
100年以上の歴史を誇る、伝統的且つ世界的なタンナーです。
ホーウィン社のコードバン革(馬の臀部を削り出した革)は、
昔ながらの方法で植物性タンニンにより鞣されており、
革の風合いを損ねない極めて自然な仕上げが施されています。

長時間をかけた加油により、張りはあっても柔軟性やしなやかさに富み、
使い込む程に味の出てくる革です。
た、通常自然の風合いを残したナチュラルな仕上げのコードバン革は、
山折りに折り曲げると革繊維が立ち、ザラザラとした手触り(=ザラ)になるものですが、
ホーウィン社のコードバン革はオイルがたっぷりと入っていますので、
しっとりとした手触りでザラはとても少ないです。
またザラがあったとしても、使っていると徐々に革繊維が寝てきて
しっとりスベスベの手触りへと変わっていき、自然な光沢も生まれてきます。

革表面は自然な仕上げを施していますので、
革の表面全体は小さな傷やピンホールと呼ばれる
毛穴や毛細血管の形跡が残ったままですが、
これらは使っていく程に革繊維が寝てくることにより徐々に目立たなくなります。
使えば使うほど独特の鈍い光沢を放ち、お手入れの回数も非常に少なく、
経年変化を楽しむ上では非常に育て甲斐のある魅力的な革です。

シェルコードバンのデメリットは
なんといっても水に弱い事です。
オイルを含んでいるので、水に強いイメージがあるかもしれませんが、
基本的に水染めなので、色移りの可能性もあります、
また、水に濡れるとその部分がブヨブヨしてしまう事もあります。
このブヨブヨはうまく行けば目立たなくさせる事も出来ますが、
失敗すると更にブヨブヨが出てしまうので注意が必要です。

後はシェルコードバンは丈夫ですが、傷には弱く、
ちょっと爪で引っ掻いただけでも傷になる場合があります。

シェルコードバンはこういったデメリットがあって、
それ故にシェルコードバンにはあえて手を出さない人もいるほどです。

もちろんシェルコードバンの長財布を愛用している人も
沢山いますので、こういったメリットとデメリットを
しっかりと知った上で決めるのが後悔しない買い方だと思います

第一話思わぬ出会い