思い出の長財布

とある常連客の夫婦の思い出の長財布

長財布コレクターの私にその思い出を語ってくれた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もうかれこれ20年使っている長財布なんだ
家内が誕生日プレゼントに買ってくれたものなんだよ。

そういって彼は私にその長財布を見せてくれた。
ブランド品では無いが、高級なコードバンを使っているのは
一目瞭然の長財布だった。

流石に20年使っていたとなれば、
それなりに傷やシミなどが出来ている。
皮革に詳しくない人が見ると、ただの使い古した長財布に見えるだろう。

初めて付けてしまった傷はこれ、
忘れもしない16年前の6月23日、
息子が産まれた日なんだ。

そう言って見せてくれたのは表面についた一番大きな傷だった。

これはね、子供が生まれた日に急いで病院に行った時、
階段でつまずいて転んでしまったんだよ。
幸い私に怪我はなかったが、
この長財布に傷がついてしまったんだ。

いわば私の変わりに傷ついてしまったというわけだね。

知らない人から見るとただの傷ではあるが、
本人にとってみれば思い出の傷となっている。

この傷を見るたびに子供が生まれた事を思い出す。

長く使えるものを長く使っていると
こう言った思い出がいくつも出来てくるものだ。

これが皮革製品を使う醍醐味といえるだろう



第二話 意外な自分

第三話 私が悪いの

第四話 もう一度だけ

最終話 回り道の末

特別編 彼女からのプレゼント



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ